2018年4月20日
特保の販路、コンビニ急伸、 用途は「整腸」「脂肪系」等好調

日本健康・栄養食品協会は4月2日、特保市場および表示許可の状況をまとめた。

17年度の特保市場規模は前年度比1.9%増の6,586億円。保健の用途別では、「整腸」が3,497億円で前年度比2.3%増と好調だった。前年度を上回ったのはこのほか「中性脂肪・体脂肪」が1.8%増の1,987億円、「コレステロール」が9.6%増の296億円、「骨・ミネラル」が3.4%増の182億円。伸び悩んだのは、「歯」が2.5%減の292億円、「血圧」が3.0%減の181億円、「血糖値」が6.8%減の151億円だった。

販路別で最も大きいのは「スーパー」で9.2%増の2,799億円となり、2 位の「コンビニ」が18.6%増の1,270億円と急伸した。減少したのは「戸配」「ドラッグ・薬局」。形態別では、「乳製品」が1.0%増の3,219億円と最も多くなっている。

17年の許可数は55品で、前年の95品から大きくダウン。昨年末現在の許可数は1,078品だった。


詳しくは健康産業新聞第1642号(2018.4.18)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

来場事前登録はこちら
出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
ページトップへ戻る