2017年12月25日
【ダイエット食品】「運動・筋力+ダイエット」、注目上昇

2017年は、運動意識の高まりに加え、“筋力女子”“ボディメーク”といったワードが若い女性に話題となるなか、「運動+ダイエット」「筋力維持+ダイエット」をコンセプトとした製品開発・上市が目立った。植物性プロテインを配合した食事代替品、スムージー商材や、脂肪の燃焼・分解、筋力維持に役立つ成分を配合したサプリメントなど、各社、新たな切り口で市場開拓を進めており、来年も関連製品の上市が多数見込まれる。“わがままダイエット”層に支持されるカット系ダイエット食品は、機能性表示食品『カロリミット』(ファンケル)、サプリメント『ぱっくん分解酵母』(キューオーエル・ラボラトリーズ)などが好調だ。ここ数年、市場を盛り上げてきた手軽さ・美味しさが特長のスムージー商材や、「体質改善」「ファスティング」を目的に利用が進む酵素商材は、製品が増え消費者の選択肢が広がる
という好循環を生んでいると同時に、熾烈なシェア争いも始まっている。




詳しくは健康産業新聞第1632号(2017.12.20)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
ページトップへ戻る