2017年12月11日
拡大続けるメタボ人口、対策食品は増加傾向に

消費者ニーズ高く、機能性表示食品抗メタボ関連500品超

今や2,000万人を超えるメタボ人口。消費者の肥満対策への関心は年々高まっており、民間の調査会社によると、ダイエットや抗メタボをターゲットとした食品市場は4,000億を突破し、対前年比でも5%近くの増加となっている。受理数1,000品を超えた機能性表示食品においても、約半数が抗メタボカテゴリーとなっており、消費者ニーズの高さが窺える。メタボに関連する研究も進み、メタボ病態は健康寿命を左右する因子としての認識も定着してきた。特に、腸内フローラの状態とメタボ発症には大きな相関があることがわかってきており、腸内環境を切り口とした対策アプローチが今後進んでいくとみられる。





詳しくは健康産業新聞第1632号(2017.12.6)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
ページトップへ戻る