2017年9月14日
上半期化粧品市場、7,740億円(前年同期比104%)国内・…

上半期化粧品市場、7,740億円(前年同期比104%)国内・輸入とも前年同期上回る




化粧品市場が好調に推移している。2017年上半期は、国内販売および輸入実績ともに前年同期比を上回った。


国内の状況では、経済産業省が8 月15日に発表した生産動態統計6月分確報値をもとに、今年1 ~ 6月の化粧品販売金額を合算した結果、7,740.6億円となり、前年同期比で104.8%となった。化粧品販売金額は近年好調で、2015年・2016年は2 年連続で1 兆5,000億円台に達しており、5 年連続の成長を遂げている。

一方、輸入化粧品の状況も堅調だ。日本輸入化粧品協会(CIAJ)が先月発表した2017年1 ~ 6 月期の化粧品輸入実績は、1,175.6億円(前年同期比103.2%)となった。昨年は2,292.2億円(96.4%)と5 年ぶりに前年比を下回っていた。今年上半期の統計では前年同期比を上回っており、復調の兆しが見られる。


詳しくは健康産業新聞第1627号(2017.9.6)で
健康産業新聞の定期購読資料のご請求(無料)はこちら

来場事前登録はこちら
宿泊プランのご案内
出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
Food Produce Japan
ページトップへ戻る