2017年8月1日
2017年上半期 世界的なビタミン価格高騰高値定着か、予断…

2017年上半期 世界的なビタミン価格高騰高値定着か、予断許さず


世界的に見て、今年の上半期はビタミン価格の高騰があり、特にビタミンC(L-アスコルビン酸)の末端価格は昨年と比べて2 倍近くとなった(健康産業速報・5 月9 日付既報)。背景には、2022年の北京五輪を前に、中国で環境規制が厳しくなっており、生産工場が相次いで減産や閉鎖に追いこまれていることがある。世界需要が約14万トンと言われるビタミンC市場で、中国は約17万トンの生産能力を持つが、今後も減産が続けば、生産能力は13万トンを切る恐れもある。その懸念から商社などが買占めに動いたこともあり、価格高騰に拍車がかかった。





詳しくは健康産業新聞第1623号(2017.7.5)夏季特別号で
健康産業新聞の定期購読資料のご請求(無料)はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
Food Produce Japan
ページトップへ戻る