2017年7月4日
インバウンド需要の今後は? “ストーリー”でチャンス拡大

㈱三菱総合研究所 政策・経済研究センター  劉 瀟瀟氏

中国では日本製化粧品の人気はすでに定着したといえる。資生堂をはじめとするメーカー各社も、かつてのように現地生産ではなく、日本国内で製造したものを輸出している。そのため国内での生産能力は増強されており、そのまま“Madein Japan”として輸出、販売するのが主流となっている。

訪日客によるインバウンド消費は、かつての自動車や家電の“爆買い”から、日常的に使う商品へとシフトしており、化粧品需要は相変わらず堅調だ。特に注目されるのは、日本の自然や温泉を満喫しながら、ご当地素材を使った化粧品づくりを体験できる“ビューティーツーリズム”だ。つまり、「どういう商品を売るか」よりも、「どういうストーリーを買ってもらうか」を考えれば、化粧品にとってもさらにビジネスチャンスは広がる。

日本では年代別の化粧品があったりするが、現代の中国では親の世代に化粧の習慣がなかったため、BBクリームのように一本ですべて対応できるような商品に人気が集まったりする。





詳しくは健康産業新聞第1622号(2017.6.21)で
健康産業新聞の定期購読資料のご請求(無料)はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
Food Produce Japan
ページトップへ戻る