2017年6月7日
米国アマゾン、PBサプリ参入で市場に与える影響は

米アマゾンは自社のプライベートブランド(PB)として、2014年から「Amazon Elements」を展開している。年会費を払うことで数々の会員特典を得られるプライム会員向けのサービスで、日用品に特化して品揃えを進めている。

今年からビタミンやミネラル、ウコンの5種類サプリメントの取扱を開始。

これらはPB製品の競争力としてフォーカスされがちな低価格訴求ではなく、厳格な管理、徹底したトレーサビリティに代表される安全性の担保にあり、購入者からは製品の原料原産地や原料の含有量など詳細な情報を得られる点が好評だ。

巨大ネット通販業によるPBサプリの投入は、製品の透明性という点で米国のサプリメント業界に一石を投じたと話題になっている。


事情に詳しい国内商社では、「原料メーカーは販売力のあるアマゾンの参入を歓迎する一方、同種のサプリメントを販売しているメーカーにとっては目下悩みの種になっている」と話している。




詳しくは健康産業新聞第1621号(2017.6.07)で
健康産業新聞の定期購読資料のご請求(無料)はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
Food Produce Japan
ページトップへ戻る