2017年5月23日
中国向け越境ECサイト開設 ANAグループ

ANAグループの㈱ACD(東京都港区)はこのほど、中国向け越境E Cサイト「全日空海淘ANA CARGO DIRECT」を開設した。同社は、これまでに世界109ヵ国で販売実績を誇る越境ECプラットフォーム「マルチリンガルカート」の運用実績があり、航空会社の強航空会社の強みを生かし、通関手続きから商品輸送まで一気通貫で対応する。

サイト開設にあたっては、ACDとANAホールディングス、テンセント(中国)、KEB HANA CARD(韓国)による4 社間でパートナーシップ契約を締結。提携によって、テンセントが運営する中国最大のSNSサービス「We Chat」や、モバイル決済サービス「We Chat Pay」との連携が可能になる。

現在、モールには300社を超える参加があり、日用品やお菓子、化粧品など幅広い商品が並ぶ。健康食品では、そばの芽エキスを配合したサプリメント『発芽そば発酵エキスFBP -100』など、日本オリジナルのこだわりの商品が販売されている。





詳しくは健康産業新聞第1620号(2017.5.17)で
健康産業新聞の定期購読資料のご請求(無料)はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
Food Produce Japan
ページトップへ戻る