2017年4月10日
2016年フィットネスクラブ売上高 2.3%増で3,200億円台に

経済産業省は先月22日、「特定サービス産業動態統計」の2017年1 月分確報(2016年の年間補正号)を発表、2016年のフィットネスクラブの売上高合計が確定した。2016年のフィットネスクラブの売上高合計は3,282億4,500円(前年比102.3%)となり、5 年連続で成長していることが分かった。売上高の内訳は、フィットネスクラブおよびスクールの会費収入計が2,941億5,500万円(同102.3%)、利用料金収入が175億900万円(同111.4%)、食堂・売店売上高が165億8,100万円(同93.6%)だった。フィットネスクラブおよびスクールの利用者数合計は2 億4,817万7,425人(同102.6%)。会員数合計は329万3,358人(同102.2%)となった。内訳はフィットネスクラブの個人会員数が250万9,077人(同102.3%)、法人会員数が1 万3,935口(同98.2%)、スクール会員数が78万4,281人(同101.3%)だった。





詳しくは健康産業新聞第1617号(2017.4.5)で
健康産業新聞の定期購読資料のご請求(無料)はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
Food Produce Japan
ページトップへ戻る