2017年3月27日
【ダイエット食品】トレンドは、「運動・筋力」+「ダイエット」

その年ごとにトレンドの変遷がみられるダイエット食品。運動意識に対する関心が年々高まり、“引き締まったボディ”“太りにくい体型づくり”を求めるニーズが増加するなか、「運動+ダイエット」「筋力+ダイエット」といったコンセプトの製品が増えている。植物性プロテインを配合したスムージー商材や、脂肪の燃焼・分解、筋力維持に役立つ成分を配合したサプリメントなど、各社、新たな切り口で市場開拓を進める。一方、ダイエット訴求の機能性表示食品も続々登場。部位を活用したわかりやすい機能を差別化に、40代を中心とした女性や、男性層獲得につながっている製品もみられる。機能性表示対応素材も増え、複数のヘルスクレームがうたえる素材もあり、原料サプライヤーによる提案が活発化している。



詳しくは健康産業新聞第1616号(2017.3.15)で
健康産業新聞の定期購読資料のご請求(無料)はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
Food Produce Japan
ページトップへ戻る