2017年2月23日
40代女性、7 割が「ダイエット」に興味 引き締めたい部位、「太もも」「お腹」など

㈱プラネット(東京都港区)は、「ダイエットに関する意識調査」の結果を発表した。調査は昨年11月から12月にかけて行い、男女4,225人の回答をまとめたもの。ダイエットに興味がある人は、すでに興味があり、ダイエットを実践している人を含めて半数以上の53.6%におよんだ。男女別でみると、女性は65.6%が「興味ある」と回答。40代が69.8%と最も高く、男性も同様に40代(52.7%)が最も高かった。

ダイエットに興味を持ったきっかけは男女ともにトップは「体重が増えたとき」77.5%)。次いで「服が入らないから」(33.4%)、「昔の体型に戻したいから」(33.2%)、「健康診断のため」(31.5%)と続く。「昔の体型に戻したいから」と回答した女性は、20代(41.9%)が一番多く、体型の変化を意識し始める年齢が早くなっている傾向がうかがえた。

引き締めたい部位も男女ともにトップは「お腹」(78.9%)。女性は「太もも」(47.2%)をはじめ、「お尻」(39.3%)、「腕」(25.3%)「ふくらはぎ」(25.1%)、「背中」(25.0%)といった部位を挙げる回答も多かった。男性は20代から50代では「顔」引き締めたいと人が多く2 割を超えていた。

ダイエットのためにどんな食品を利用しているかを聞くと、手軽に摂取できるダイエット茶やトクホ飲料などの「お茶」(41.7%)や、「サプリメント」(26.0%)のほか、「炭酸飲料」「スムージー」「雑炊・リゾット」などを挙げる回答が目立った。





詳しくは健康産業新聞第1613号-B(2017.2.1)で
健康産業新聞の定期購読資料のご請求(無料)はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
Food Produce Japan
ページトップへ戻る