2017年2月6日
通販の健食購入、トップは三重県 全国平均、年間約1.5万円

47都道府県のうち健康食品・サプリメントの通販購入金額が最も多いのは三重県―― 通販での健食購入率には地域差があることが、日本通信販売協会が先月12日に発表した「ジャドマ県民通販大調査」レポートの第2 弾で示された。

調査は昨年9 月にインターネットで実施。20~60代男女を対象に、各県200人(一部の人口が多い自治体は300人)、計1万人の回答を集計した。レポートの第1 弾は昨年11月に公表しており、通販の年間利用総額トップは東京都で11万4,025円(表)、スマホメインで通販を行う「スマホで通販県」1 位は沖縄県であることなどを明らかにしている。

レポート第2 弾は、化粧品や靴、健康食品など商品別の通販購入金額。女性の化粧品年間購入額(回答4,758人)は全国平均が1 万7,245円でトップは徳島県で2 万3,281円、最下位は秋田県で1 万1,739円だった。

健康食品・サプリメントの年間購入額(回答4,117人)は全国平均が1 万4,936円。三重県が購入額1 万9,634円で最も多く、以下、宮城県、岐阜県、神奈川県、岡山県と続いた。47都道府県で通販に最もお金を使う東京都は1 万5,732円で21位だった。最下位は宮崎県で9,747円となり、唯一1 万円を下回った。

なお通販協によると、「健康食品・サプリメント」は特に定義せずに質問しており、健康に気をつけていることは調査しているが、「何を購入しているかまでは聞いていない」としている。





詳しくは健康産業新聞第1613号-B(2017.2.1)で
健康産業新聞の定期購読資料のご請求(無料)はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
Food Produce Japan
ページトップへ戻る