2017年1月23日
【健脳】素材 「機能性表示食品制度」が追い風に!

ストレスや高齢化に起因するとみられる記憶障害や認知症、うつ症状、睡眠障害などが増えている。なかでも認知症罹患率は高齢化に伴い増加傾向にある。こうした中、脳の健康をサポートする製品・サービス分野では現在、官民一体の取り組みが進められている。予防を主とする健康産業界においては、脳の健康をサポートする健脳商材の市場に大きなビジネスチャンスが生まれている。なかでも健脳素材やサプリメントは、機能性表示食品制度を追い風に、さらなる市場の拡大が期待される。





詳しくは健康産業新聞第1612号-B(2017.1.18)で
健康産業新聞の定期購読資料のご請求(無料)はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
Food Produce Japan
ページトップへ戻る