2016年11月22日
【特集】プラセンタ 美容からアンチエイジング素材へ

体感のよさと知名度の高さで拡大

プラセンタサプリの市場は年間250億円ほどで推移している。昨年は外国人観光客によるインバウンド需要やテレビ通販での紹介が増えたが、今年はインバウンド需要の減少などもあり成長率は減少。しかしながら「体感のよさ」と「美容素材としての知名度の高さ」などを理由に全体では堅調だ。これまでゼリーやドリンクで数多く採用されていたが、ここ数年でカプセルや打錠品へのシフトが進んでいる。認知度が向上するにつれてコアユーザーが支えている市場の実態が明らかになっている。




詳しくは健康産業新聞第1608号(2016.11.16)で
健康産業新聞の定期購読資料のご請求(無料)はこちら

来場事前登録はこちら
宿泊プランのご案内
ライセンシングエキスポジャパン特別セミナー
出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
健康産業に精通した業界専門紙記者が健康食品の「買いたい」「つくりたい」をバックアップ!
出展社専用ページへ
ページトップへ戻る