2016年9月14日
通販市場17年連続で成長、6%増の6.5兆円 通販協

アマゾンなどネット通販が牽引

日本通信販売協会は先月25日、2015年度の通信販売市場規模が推計で前年度比5.9%増の6 兆5,100億円になったと発表した。アマゾンを筆頭とするネット通販が牽引し、市場は17年連続で拡大した。なお会員企業138社対象の調査では、健康食品は15年度においてすべての月で前年実績を上回ったものの、企業によって明暗が分かれている。

調査は通販協の会員475社の情報と、アマゾンなど非会員の有力企業190社の売上を加えて推計したもの。保険やデジタルコンテンツを一部含むものの、衣料品・雑貨・化粧品・健康食品など物販を中心とした数値となっている。その結果、2015年度の通販市場規模は、前年から3,600億円増加して6 兆5,100億円に拡大。伸び率は5.9%増で、14年度の4.9%増を上回った。市場規模の拡大は17年連続となる。





健康産業新聞第1603号(2016.9.7)より一部抜粋
健康産業新聞の定期購読資料のご請求(無料)はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
ページトップへ戻る