2016年5月23日
三生医薬、機能性表示で新サポート事業を発表

三生医薬(株)は、「健康博覧会2016」に出展、機能性表示食品制度の新たなサポート事業として「SUNKINOU」シリーズの開始を発表した。

同シリーズの特長は、「届出に必要な膨大な資料の大部分を作成し、クライアントができる限り時間とコストを抑えて、届出できる」こと。第1 弾としてL-テアニン(機能性表示例:起床時の疲労感や眠気が気になる方に)、グラブリジン(同:体脂肪が高めの方、肥満気味の方に)、グルコポリサッカライド(同:精神的ストレスや肉体的・精神的疲れを感じる方に)の3 つの機能性関与成分をラインアップする。「いずれも現在、届出(資料作成)中で、これらをベースに副素材との組み合わせによる差別化や、原料の性状や崩壊性を考慮した剤形を提案できる」としている。


届出自体はクライアントが行うことになるが、受理後の届出資料の更新もサポート。「機能性・安全性に関する情報を随時報告、資料の修正も行う」という。今後、第2 弾、第3 弾と新たな製品を増やしていく。




健康産業新聞1593号(2016.4.6)より一部抜粋
健康産業新聞の定期購読資料のご請求(無料)はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
ページトップへ戻る