2016年5月19日
【血流改善素材】美容・冷え対応から育毛・男性機能まで、広がる訴求ポイント

血流改善素材の強みは、訴求ポイントの裾野の広さにある。動脈硬化予防・美容・冷え性対応から疲労回復・アイケア・肩こり・育毛・男性機能向上まで、血流改善作用を介した機能性が評価され、さまざまなコンセプトの商品に配合されている。また、「有効成分の吸収性向上」の観点から採用されるケースも多い。機能性表示食品では、トクホになかった「血流」「体温維持」のヘルスクレームが受理(伊藤園)され、原料サプライヤー各社は、SRの準備を急ピッチで進めている。夏場の冷え対策商品としての上市に向けて、化成品大手が届出を行うという情報も。本特集では、納豆菌類発酵代謝エキス、高麗人参、カンカ、ニンニク、ショウガ、ケルセチン、ヘスペリジンなど、エビデンスを有する素材にスポットをあて、最新の動向をリポートする。




■眼・関節血流、褥瘡対応など訴求点を絞った血流改善素材の開発進む

市場に流通する血流改善訴求素材は、高麗人参、ヘスペリジン、ニンニク、ショウガ、黒大豆、カンカ、ケルセチン、イチョウ葉、L-シトルリン、松樹皮抽出物など多岐に亘る。滋養強壮素材の代表格である「ニンンク」など、大型素材が血流改善訴求で新たな用途開拓を進めているケースも。

動脈硬化予防・美容・冷え性対応から疲労回復・アイケア・育毛・男性機能向上まで、血流改善作用を介した機能性は幅広い。近年のトレンドとしては、褥瘡(床ずれ)、眼血流、関節血流など、より訴求点を絞った血流改善素材の研究・開発が進んでおり、「高齢者(介護)向け」「アイケア」「ジョイントサポート」など、ビッグマーケットへのアプローチが進んでいる。

血流改善分野の機能性表示は難しいとされてきたが、伊藤園では、『お~いお茶巡りさらら』『ヘルシープラス さらさら麦茶』の2品で受理。両品とも関与成分はモノグルコシルヘスペリジンで、機能表示は「血流」と「体温維持」に関するもの。トクホにないヘルスクレームとして注目されており、受理を受け、原料サプライヤー各社ではSRの準備を着々と進めており、機能性表示対応素材として新規顧客開拓を狙う。




■ニンニク、ソバ、タマネギなど食材系素材の機能性研究進む

血流改善マーケットでは、ニンニク、ショウガ、ソバの葉、黒大豆、タマネギケルセチン、納豆菌など、一般食材として認知度の高い素材が数多く流通。”血液サラサラ”のイメージに頼らず、各社では独自のエビデンスを蓄積している。




■高麗人参、「冷え対策」に照準 砂漠人参・カンカ、エナジーサプリでの採用も

高麗人参は、中高年男性を中心とした滋養強壮・疲労回復マーケットでの定着に加えて、「リアルゴールド」「モンスターエナジー」「タフマンV」などが代表するエナジー系ドリンクでの採用が急増。さらに、血流改善作用を介した美容・冷え性対策機能が評価され、ヒット
商品「高麗美人」(ていねい通販)をはじめ、女性向け商品への配合が進んでいるという状況だ。冷え性対策では、「“温活”をテーマに、ホットヨガのプログラムに高麗人参を活用するフィットネスクラブもある」という。これらの市場環境を背景に、末端市場規模は230億円を突破している。飲料分野の某ナショナルブランドでは、健康機能食品(韓国版トクホ)のエビデンスをベースに、機能性表示食品としての上市準備を進めている。砂漠人参・カンカは、アクティブシニアや女性向け製品だけでなく、先ごろ総合格闘技RIZIN公認エナジーサプリが上市されるなど、多分野での製品化が進んでいる。パイオニアである栄進商事では、近畿大学と共同で強壮に関する特許を取得済。近畿大学や京都薬科大学などとの産学提携による研究も継続的に行っている。





健康産業新聞1595号(2016.5.4)より一部抜粋
健康産業新聞の定期購読資料のご請求(無料)はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
ページトップへ戻る