2016年3月8日
イミダゾールジペプチドに脳老化改善効果

鶏肉由来のイミダゾールジペプチドに脳老化改善効果があることが分かり、
このほど国際誌「Journal of Alzheimer'sDisease」に掲載された。

研究は、農水省農業・食品産業科学技術研究推進事業により、東大、九大、
(独)国立精神・神経医療研究センター、日本ハム㈱中央研究所が共同で実施したもの。
鶏肉に含まれる成分であるイミダゾールジペプチドの高含有試験食を用い、中高齢者を
対象に長期摂取のヒト試験を行ったところ、脳MRI画像検査と心理機能検査の結果に
プラセボ群との有意差が認められた。


健康産業新聞1591号(2016.3.2)より一部抜粋
健康産業新聞の定期購読資料のご請求(無料)はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
ページトップへ戻る