2015年9月29日
インドの栄養補助食品市場、28億米ドルに年率17%で伸長

インド商工会議所協議会はこのほど、インドの栄養補助食品市場が急成長しており、2020年までに61億米ドルに到達しそうだと発表した。インドの現在の栄養補助食品の市場規模は28億米ドルで、年率17%で成長しているという。

同協議会の報告によると、世界の栄養補助食品市場は1,826億米ドルで、2020年までに2,629億米ドルに達する見込み。栄養補助食品で最も大きなマーケットを有する米国では、機能性食品市場が急速に伸長している。

アジアの中では、日本と中国が高いシェアを持っており、インドは世界市場の1.5%を占める。人口が多いこと、都市化が進んでいることから、今後も市場が伸びる見通しだ。インドでは、農村部では栄養補助食品の普及率が6%にとどまるが、都市部では22%程度まで伸長しているようだ。





健康産業新聞1579号(2015.9.2)より一部抜粋
健康産業新聞の定期購読資料のご請求(無料)はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
Food Produce Japan
ページトップへ戻る