2015年9月17日
「三ヶ日みかん」、機能性表示食品に 生鮮食品で全国初

静岡県は今月8 日、J A みっかびが届け出ていた「三ヶ日みかん」が機能性表示食品として受理されたと発表した。生鮮食品で全国初になるとしている。今年11月出荷分から骨の健康に関する表示を行い販売する予定だ。

機能性表示食品制度はサプリメントだけでなく、世界で初めて生鮮食品への機能性表示を可能としている。受理された機能性表示は「本品にはβ-クリプトキサンチンが含まれています。β-クリプトキサンチンは骨代謝のはたらきを助けることにより、骨の健康に役立つことが報告されています」というもの。成分の研究レビューによって評価した。生鮮食品は制度の利用に当たり成分のばらつきが課題となっていたが、機能性関与成分であるβ-クリプトキサンチン含量の保証は、農林水産省「攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業」の研究成果を活用するとしている。





健康産業新聞1580号(2015.9.16)より一部抜粋
健康産業新聞の定期購読資料のご請求(無料)はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
Food Produce Japan
ページトップへ戻る