2015年7月9日
訪日中国人旅行者の7割強がビタミン剤・健康食・サプリ購入(アンテリオ調べ)

中国の旧正月に当たる春節期間中に日本を訪問した中国人旅行者の7 割強がビタミン剤・健康食品・サプリメントを購入していることが、医療分野専門の市場調査会社(株)アンテリオの調べで分かった。

調査は20~49歳の一般男女600人(上海・北京・広州からの旅行者200人ずつ)を対象に、今年2 ~ 3 月にインターネットで行った。それによれば、「大人用のビタミン剤・健康食品・サプリメント」の購入者は全体の72.7%に達し、スキンケア化粧品(82.0%)やメイクアップ化粧品(78.5%)に次いで3 位に入った。「赤ちゃん・子供用の市販の薬など」は56.3%、「大人の市販薬」は51.8%だった。購入場所は主にドラッグストア・薬局(72.5%)で、以降は空港内の免税店(31.6%)、百貨店・デパート(30.7%)などと続く。購入のきっかけは「お店での情報」(71.5%)で、「ガイドブック・情報誌などの情報」(59.3%)や「口コミ」(54.9%)を上回った。





健康産業新聞1575号(2015.7.1)より一部抜粋
健康産業新聞の定期購読資料のご請求(無料)はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
ページトップへ戻る