2014年12月11日
JR東日本リテールネット、健康志向商品の品ぞろえを拡充

(株)JR東日本リテールネットは、同社が運営するコンビニエンスストア・NEWDAYSや売店・KIOSKで「健康志向商品」のラインアップを拡充させていく。第一弾として『GABA入りチョコパイ』(129円)、『GABA入りチョコ蒸しパン』(134円)、『充実野菜のボロネーゼ』(134円)、『もちもちカレー(ブラン入り)』(139円)の4 アイテムを先月11日から販売を開始した。

同社は、「駅だからこそ、手軽でおいしくヘルシーサポート」をテーマに商品開発に着手。同社広報担当者は、「購入者履歴を分析すると、トクホの茶飲料などは非常に伸びている。健康志向が高まっている昨今のニーズに応えた形で商品化に至った」と話す。また、「GABAは特有の苦みを有するが、チョコの甘さとのバランスを保ち、美味しさにこだわった」という。『充実野菜のボロネーゼ』は、伊藤園とコラボし、パン生地に充実野菜粉末を練り込んでいる。各商品ともカロリー数値を抑えるなど工夫を凝らしている。
同社では「購入者男女比率はほぼ1:1 。まだまだいろいろな商品が考えられる」としており、今後、サラダやおにぎりなど順次投入していく。取扱い店舗はNEWDAYS・416店舗、KIOSK・221店舗。




健康産業新聞1556号(2014.12.3)より一部抜粋
健康産業新聞の定期購読資料のご請求(無料)はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
ページトップへ戻る