2014年10月8日
ヘルスケアビジネス創出で地域活性化へ【経産省】

■今月中旬から9地域で推進フォーラム開催


経済産業省は、厚生労働省や政府系ファンドの㈱地域経済活性化支援機構と連携し、
地域におけるヘルスケアビジネスの創出を後押しする取り組みを本格化させる。

先月24日、都内で「地域ヘルスケアビジネス推進フォーラム」を開き、
地方自治体のヘルスケア担当者やヘルスケア事業を展開する民間企業の関係者ら約180人が参加。
ヘルスケアビジネスの創出を通じた地域活性化策について説明した。

先月3日には、第2次安倍改造内閣で石破茂前自民党幹事長が地方創生担当相に起用され、
省庁横断で地域活性化に取り組む「まち・ひと・しごと創生本部」(地方創生本部)が同日発足。

安倍政権では地域振興を成長戦略の柱の1つに据えているが、ヘルスケアビジネスは地域における
雇用創出、地域コミュニティの活性化、医療費抑制という一石三鳥の効果が期待できる分野として
重点的に取り組む方針だ。

経産省では、今月中旬から来月下旬にかけて、
地方経産局主催による地域版の推進フォーラムを順次開催する。


健康産業新聞1548号(2014.10.1)より一部抜粋
健康産業新聞の定期購読資料のご請求(無料)はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
Food Produce Japan
ページトップへ戻る