2014年7月9日
【水素】 下半期は“水素美容”に注目

昨年来、一般市場への流通が進んでいる水素関連商材。3 月の「健康博覧会2014」でも
水素水を生成するサーバー、生成器などの新製品が数多く出品され、バイヤーの関心を集めていた。

なかでも今年は、自宅で手軽に水素水をつくることができる
コンパクトサイズの水素水生成器の反応が良かった。
また風呂用の水素発生器や入浴剤など、水素を飲用だけでなく
体外からも取り入れることができる商材の人気も高かった。

水素関連商材の市場は、「健康産業新聞」調査で昨年200億円を突破。
いよいよ本格的に市場形成が進む中、今シーズンの注目は美容・コスメ分野だ。
既に、水素水で洗顔するフェイスバス、洗顔フォームの泡に水素ガスを溶解させる水素美容器、
水素水をミスト化して顔に吹きかける美顔器、化粧水や美容液を入れ、水素化粧品をつくる
ディスペンサーなど様々な関連商材が登場している。
健康産業新聞が先月行った化粧品受託メーカーへのアンケート調査では、
今年下半期の人気受注素材に水素が初めてランクインするなど、化粧品業界でも水素への関心が高まっている。
今後は“水素美容”がキーワードになりそうだ。

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
ページトップへ戻る