2014年6月25日
(健康産業新聞調査)2014年上期 [化粧品]人気受注素材ランキング

※健康産業新聞編集部が化粧品の受託企業130社(有効回答73社)を対象に実施
※最下部にランキング表記載


14年上半期(1~5月)の人気受注素材では、「コラーゲン」、「ヒアルロン酸」、「プラセンタ」といった定番素材がトップ3 を占めた。
また新たにランク入りしているのが「植物系素材」や「オーガニック素材」といったナチュラル志向の素材。
消費者が商品に安全性やダメージレスを求める傾向が高まり、自然派化粧品が再燃していることが背景にあるようだ。

以下、安定した需要を見せる「ビタミンC」や健食でも市場拡大が進む「酵素」、
資生堂が飲料でトクホ申請をしていることから内外美容素材として注目が集まる「セラミド」、
UVケアなどで需要の高まる「フラーレン」などがランク入りした。
このほか、前年ランク外だった「EGF」、「幹細胞」がランクイン。高機能化粧品への人気が高まっているようだ。


健康産業新聞1534号(2014.6.18)より一部抜粋


※複数回答

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
ページトップへ戻る