2014年1月30日
マルコメ 新商品発表会 エナジードリンクを発表

マルコメ(株)は1月9 日2014年春夏新商品発表会を東京都内で開催した。同発表会では、同社が今年創業160年を迎えるにあたって、和食文化を守りつつ、伝統的な発酵食品を現代的にアレンジした新商品25点を発表。今回、健康訴求商品として糀エナジードリンク『hacco(ハッコ)』、米こうじから作られた無加糖でアルコール0%の甘酒『プラス糀甘酒』などの注目新商品などをラインアップ。

『hacco』は購買者層としてオフィスで働くキャリア女性を想定したもの。日本古来の発酵食品である糀をより密着して感じられる製品として開発された。糀をはじめとするブドウ糖・食物繊維・ビタミン類などのエナジー成分を配合。微炭酸で爽やかなフルーツテイストですっきりとした味わいとなっている。3 月上旬より全国で発売。『プラス糀 甘酒』は米こうじから作られたアルコール0%の甘酒。米こうじから作る甘酒は酵素の働きで、米のデンプンが糖化され甘くなり、無加糖でも米本来の甘みが感じられる。冷やして飲むタイプで、すっきりとした自然の甘さが楽しめる。2 月中旬より全国で発売。他にも健康訴求関連商品としては、クルトンの代わりに大豆を使用した『ヘルシー食堂 大豆のポタージュ』、オルニチンを配合した液みそ『液みそ 貝だし』、丸の内タニタ食堂とのコラボレーション商品シリーズの新ラインアップ『丸の内タニタ食堂の減塩みそ』なども発表された。




健康産業新聞1514号(2014.1.15)より一部抜粋

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
同時開催展
Food Produce Japan
ページトップへ戻る