2013年8月6日
伸びる炭酸入り機能性飲料 美容ドリンクも「+炭酸」が人気に

炭酸入りの機能性飲料の売れ行きが好調だ。昨年登場したトクホコーラではキリン、サントリーともに販売予測を上回るペース、アサヒの炭酸トクホやエナジードリンクも好調に推移している。さらにエーザイの女性向け炭酸入り美容ドリンクのヒットを受け、健康・美容ドリンク分野でも炭酸入りが人気となっている。3日にはNHKの番組でも炭酸の健康効果が取り上げられ、市場の追い風に。今夏の炭酸飲料の動向が注目される。




キリンビバレッジは11日、昨年4 月に発売した業界初のトクホコーラ『キリンメッツコーラ』の累計販売本数が2 億本を突破し、「トクホ炭酸」カテゴリー内での金額シェアで1位となったことを発表した。サントリー食品インターナショナルでも昨年11月発売のトクホコーラ『ペプシスペシャル』の販売が、当初計画の100万ケース(24本入り)を上回る170万ケースを達成。アサヒ飲料でも昨年11月に発売したトクホ炭酸『ファイバー7500』も発売から約1 ヵ月で年間計画の30万ケースを達成するなど、トクホ炭酸の人気が目覚ましい。また『レッドブル』に代表されるエナジードリンクもアサヒ飲料の『モンスターエナジー』やコカ・コーラシステムの『バーン』をはじめ参入が相次ぎ、富士経済の調査では、2012年の市場規模は約267億円で前年比2 倍増となっている。


こうした流れは、健康・美容成分を配合したドリンクの分野にも波及している。なかでもコラーゲンやプラセンタ、ヒアルロン酸、ビタミンC などを配合した美容ドリンクに「プラス炭酸」を求める商品開発のニーズが高まっている。きっかけは、エーザイが2011年5 月から順次、販売している『チョコラBBスパークリング』のヒットが大きいと語るのは、飲料受託大手の大同薬品工業。同商品を意識した100~140mLの小型瓶タイプの炭酸入り美容ドリンクの受注が昨年来、増えているという。また炭酸飲料の製造に定評のあるトンボ飲料でも炭酸入り美容ドリンクの引き合いは増加しているという。


炭酸入り健康・美容ドリンクの製造実績を持つ受託各社の話では、引き合いの状況から炭酸入りドリンクの人気はしばらく続くと予想。今後も様々な成分を配合した炭酸入り健康・美容ドリンクが発売されるもようだ。専門家の話では、炭酸飲料には爽快感やリフレッシュ効果、胃腸を活発にして消化の促進や便秘の解消といった効果が期待されると言われている。ヨーロッパでは炭酸入りのミネラルウォーターが日常的に飲用されており、日本でも『ペリエ』や『ウィルキンソン』などの炭酸水は、以前から人気が高い。一方、炭酸飲料は糖分が多く、健康志向の消費者に敬遠されてきた。トクホコーラなどはカロリーや糖質がゼロといった「炭酸飲料=悪」のイメージを払拭したことが、ヒットの要因になっているという。




健康産業新聞1492号(2013.7.24)より一部抜粋
お知らせ:飲料に限定しませんが、次回“炭酸”を健康博覧会のピックアップテーマにし、企業展示・セミナー開催などを行います。ぜひ貴社のビジネスにご活用ください。

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
ページトップへ戻る