2019年8月1日
豆乳類の生産量、四半期ベースで初の10万KL超え

 日本豆乳協会は7月17日、豆乳類の生産量が四半期ベースで初めて10万KLを突破したと発表した。

 会長の重山俊彦氏は豆乳類の生産量について、「昨年度は36.3万KLで過去最高の生産高だった」ことを報告。「本年度は40万KLを目指したい」と語った。伸長の理由として料理需要の拡大や、豆乳の美味しさの向上を挙げた。

 事務局長の川村良弘氏は、今年4~6月期の豆乳類の生産量推移について、「10万3,900KLで、前年同期比10%の伸びで着地する見込み」と説明した。




詳しくは健康産業速報第2348号(2019.7.19)で
健康産業速報の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る