2019年7月11日
HAPI、新会長に山本富造氏が就任

 (一社)日本ホームヘルス機器協会(略称HAPI、東京都文京区)は6月6日の総会で、新役員人事を発表した。新会長には、メディカル用・スポーツ用サポーター素材などを製造販売する山本化学工業㈱(大阪市生野区)の山本富造社長が就任した。

 副会長には、美容機器の製造販売を行う㈱MTGの松下剛社長と、パナソニック㈱ヘルシー商品部長の湯浅毅氏が、専務理事には、(独)医薬品医療機器総合機構(PMDA)元総務部長の渡邉裕一氏がそれぞれ就任した。一方、前会長の稲田二千武氏は名誉会長に、前専務理事の水島忍氏は常勤顧問に就任した。

 新会長の山本富造氏は就任の挨拶で、「当協会は創立から47年と非常に長く続いております。初代の原会長が、まだ市場が不安定な時期に卓越したリーダーシップで業界を牽引され、続く稲田会長も水島専務理事との名コンビで当協会を強固なものにして頂きました。なかでも体調改善機器の認定制度の創設をはじめ、医療機器の販売管理における基礎講習から継続講習の受講者対策、最近では大手新聞への全段広告を通じて当協会の地位向上に努めて頂きました」と前任者の功労を称えた。

 その上で、「これから新体制となりますが、我々も会員の皆様に喜んで頂けるような協会にしていきたいと考えております。当面は会員数200社を目指すということで、理事の皆さんも日夜努力しています。今後とも厚生労働省および経済産業省等、行政の皆様にはご指導・ご鞭撻を頂きながら、当協会をより伸ばしていけるように努力していきます」と述べた。



詳しくは健康産業新聞第1671号(2019.7.3)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る