2019年7月8日
都、「悪質事業者通報サイト」刷新で通報数が大幅増

 東京都は6月27日、「悪質事業者通報サイト」を昨年9月にリニューアルした結果、通報件数が大幅に増加、取り締まりや誇大広告等の監視強化に繋がったと発表した。都によると、同サイトへの通報をきっかけに、健康食品の広大広告に対する行政指導が行われたケースもあるという。

 2017年度に286件だった「悪質事業者」に関する通報件数は、18年度は432件に増加。「代金を振り込んだのに商品が届かない」といった通報があった。昨年9月のリニューアルで開設した「誇大広告」通報窓口に寄せられたのは74件。このうち9割をインターネット広告が占めた。健康食品の誇大広告に関する通報は26件だった。

 誇大広告で通報のあった74件のうち、法令違反の恐れがあったのは14件で、8件はダイエット健康食品の広告。都では、摂取するだけで痩せるかのような表示をしていた健康食品など、7件に対し法令に基づく行政指導を行った。



詳しくは健康産業速報第2342号(2019.6.28)で
健康産業速報の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る