2019年7月8日
18年度景表法違反、課徴金計5億円

 消費者庁は6月25日、景品表示法に基づき2018年度に課徴金納付命令を行ったのは13事業者で、計約5億円に上ることを発表した。このうち健康食品関連への課徴金は計約2.1億円。1社で課徴金が1億円を超えた事例もあった。

 健康食品で措置命令を受けた企業の表示を見ると、「何もしなくても体重が減り続けるようになります」「激痩せジュース」「体重蒸発錠」などがあり、食べるだけで痩せるかのような表示への措置命令が目立っている。このほか、豊胸効果や視力回復などに関する不当表示に措置命令が出された。

 今年度に入っても健食販売企業への課徴金納付命令は行われており、6月26日には、サプリで食事制限なしで容易に痩せられるかのように表示していた㈱はぴねすくらぶ(福岡市中央区)に課徴金1,581万円、サプリで白髪が黒髪になるかのように表示していた㈱アルトルイズム(福岡市中央区)に課徴金839万円をそれぞれ納付するよう命じた。

 


詳しくは健康産業速報第2342号(2019.6.28)で
健康産業速報の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る