2019年6月27日
健食受託企業、4割が「ロボット導入」に関心

 生産現場の人手不足が深刻化する中、解決策の1つとして注目されるのがロボットの導入やファクトリーオートメーション(FA)化だ。

 健康食品受託加工・製造企業に、ロボットの導入やFA化の推進状況を聞いた結果、既に対応している企業は全体の7%で、現時点では、特定の目的・用途で稼働しているのが実情。導入率こそ低いものの、ロボットに対する関心は高まっており、「将来的に関心がある」という回答は4割を超えた。




詳しくは健康産業新聞第1670号(2019.6.19)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る