2019年6月20日
通販協調査、18年度健食通販3%減

 (公社)日本通信販売協会は6月11日、2018年度の通信販売売上高月次調査の総括を発表した。調査対象とした109社の通販総売上高は1兆2,488億3,200万円で、前年度比1.5%増。家庭用品、化粧品、食料品などが伸びた。

 健康食品は1,451億8,500万円で、同2.8%減。18年度は、18年10月、19年1月を除きマイナスだった。通販協によると、18年度は青汁などが苦戦。また昨年7月の西日本豪雨災害の影響で一時的に売上が減少した。

 送料の増加も受注件数の減少に影響。キャンペーンの効果が薄れているとの声や、「セール品でも必要以上に購入しない傾向が強い」といった声も寄せられているという。



詳しくは健康産業速報第2338号(2019.6.14)で
健康産業速報の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る