2019年5月27日
サンドラッグ増収増益、サプリ順調

 ㈱サンドラッグ(東京都府中市)は5月10日、2019年3月期の連結決算を発表、売上高は5,880億6,900万円(前期比4.2%増)、営業利益は352億3,300万円(同2.3%減)となった。FC3店を含む53店舗の新規出店、25店舗の閉店などで合計1,147店舗となった。

 自然災害や、中国電子商取引法の施行によるまとめ買いの減少等で低調に推移する中、サプリメントを含むPB商品の開発や、ネット販売強化などで活性化を図った。サプリメント全体は順調に推移したほか、ドラッグストア事業におけるインバウンド需要対応店の拡大等も寄与して売上増となったが、人件費や賃借料・諸手数料等の増加などで営業利益が減少した。



詳しくは健康産業速報第2329号(2019.5.14)で
健康産業速報の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る