2019年5月13日
特集【静岡県】 全国トップのサプリ出荷額、前年比10%増

 健康食品や化粧品のOEMメーカーが密集していることで知られる静岡県。日本のほぼ中央に位置する立地の良さから製造業としての歴史が古く、健康産業の集積地としても他県を圧倒している。

 総務省統計の最新の経済センサス活動調査では、栄養補助食品の出荷額で静岡が堂々の1位。前年比で10%の伸びを示しており、健康食品製造の盛況ぶりが窺える。一方で、水産物や農産物など地場産品が豊富なことも静岡の特長。近年の健康増進の機運の高まりを受け、県も地元大学と連携し、機能性食品素材の開発や、機能性表示食品制度の利用を後押しするサポート体制を整えるなど、産学官連携の取り組みを推進している。

 地域資源と産業基盤を活かした産業集積プロジェクト「フーズ・サイエンスヒルズ」でも多くの研究成果が生まれており、次世代産業の中核を担う健康産業を静岡から世界へ発信している。つづく



詳しくは健康産業新聞第1667号(2019.5.1)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る