2019年5月7日
“健康度”可視化へ、「健康関数」開発

 理化学研究所を中核機関とする「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」の主催による「健康関数シンポジウム」が4月22日に開催され、約280人が参加した。

 理研健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラム健康計測解析チーム/新規計測開発チームの水野敬チームリーダーが「健康度可視化へ向けた健康関数の開発」と題して基調講演した。データ解析に基づく「健康関数」を樹立し、健康度のポジショニングマップを達成したことを紹介。このマップ上で、健康度の将来予測が可能になるという。「社会実装を加速させていきたい」とした。




詳しくは健康産業速報第2325号(2019.4.23)で
健康産業速報の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る