2019年4月19日
ケベック州産メープルシロップに新知見

 ケベック・メープルシロップ生産者協会は4月2日、メープルを主成分としたドリンクに、運動パフォーマンス向上作用があることを発表した。3月31日にオーランドで開催されたシンポジウム「Chemistry and Biological Effects of Maple Food Products(メープル食品の化学的および生物学的影響)」で明らかにしたもの。

 今回の調査結果は、メープルシロップ初のヒト介入試験となる。試験内容は、モントリオール大学の研究チームが発表。18~45歳のスポーツ愛好者男性76人を対象に、メープルシロップとメープルウォーターの長時間の運動時における影響力を調査。具体的には、2時間のサイクリング中の炭水化物の同位体標識によるガス交換と採血、および20kmのタイムトライアルで測定した。

 その結果、メープルウォーターかシロップを含んだドリンクは、市販のスポーツドリンク(60g/L)に含まれるものと同等の炭水化物を含むことが示され、持久力を要求される運動のエネルギー源として有効でありうることが判明した。またメープルウォーターとメープルシロップの希釈液の運動時の官能特性(酸味と甘みを含む)について、市販のスポーツドリンクと比較した結果、メープルシロップは市販のスポーツドリンクに比べて酸味が少ないことが示された。

 研究チームは、「精製糖を一切含まない、ピュアメープルシロップで作られたスポーツドリンクは、グルテンフリーでヴィーガン(完全菜食)、着色料や添加物不使用のため、長時間運動した被験者に有効なエネルギー源となりえる」としている。

 このほか、ラット試験による炎症促進緩和作用やメタボリックシンドローム改善作用などが報告された。



詳しくは健康産業新聞第1666号(2019.4.17)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る