2019年4月15日
家計調査2月、健食支出4ヵ月連続のマイナス

 総務省統計局は4月5日、2019年2月分の家計調査結果を発表、健康食品支出額は11%減と伸び悩み、4ヵ月連続のマイナスとなった。

 2人以上世帯を対象とした2月の消費支出は、1世帯あたり27万1,232円で、前年同月比は、調査方法の変更を考慮した「変動調整値」で実質1.7%増となった。3ヵ月連続の実質増。統計局によるとスポーツウェアなどの「スポーツ用品」は13ヵ月連続の増加で、背景にはウォーキング等への関心の高まりがあるという。

 一方で、サプリメント剤型を中心とした「健康保持用摂取品」の支出額は、1世帯1ヵ月あたり1,033円。前年同月比は、実数と比較した名目で11.3%減。物価変動を考慮した実質で10.9%減、「変動調整値」は11.5%減となった。サラリーマン世帯は4.8%増の757円と堅調だったが、高齢者が大半を占める無職世帯が21.2%減の1,318円と大きく落ち込んだ。



詳しくは健康産業速報第2321号(2019.4.9)で
健康産業速報の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る