2019年4月16日
規制改革推進会議、機能性表示制度でフォローアップ

 規制改革推進会議の医療・介護ワーキンググループが4月10日に開催され、機能性表示食品制度における軽症者データ取扱い範囲の拡大について、実行状況のフォローアップを行った。

 消費者庁が措置の状況に関する資料を提出。委託事業による報告書を3月に公表し、アレルギー、尿酸、認知機能の3領域について、届出ガイドラインとQ&Aに必要事項を反映したとした。

 また3月29日から運用を開始した改修データベースで、①エキス等の届出が可能になった、②販売状況の確認が可能になった、③入力項目を30%削減した、④公表済み製品と同一性を失わない程度の変更を行う場合の届出手続を迅速化した――としている。




詳しくは健康産業速報第2322号(2019.4.12)で
健康産業速報の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る