2019年4月5日
食品機能性と自然免疫テーマにシンポジウム

 自然免疫制御技術研究組合と内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)次世代農林水産業創造技術コンソーシアムは3月15日、都内で第8回シンポジウム「未来志向の次世代食品機能性と自然免疫」を開催、150人以上が参加した。

 冒頭、自然免疫制御技術研究組合の杣源一郎代表理事は、「食品の新たな機能性表示制度には、食品の機能性を健康維持につなげるとの期待が込められている」ことを指摘。「今や食品の自然免疫に関する研究が広がり、自然免疫は健康寿命の延伸を図るカギとして大きな社会的貢献につながると期待されるまでに成長した。研究成果を健康の維持増進につなげるためには、自然免疫について正しく周知することが重要だ」と述べた。

 神戸大学大学院の芦田均教授は、「血管機能改善効果の観点からの黒大豆ポリフェノールの機能性」と題し講演。黒大豆ポリフェノールの血管年齢の改善作用や、酸化ストレスの軽減作用について紹介した。東京大学大学院の岡田晋治氏は、「身体ロコモーション改善に資する食品素材」と題し、スケソウダラ魚肉の摂取による骨格筋量の増加や、オリーブ果実エキスの摂取による関節炎抑制の可能性を紹介した。

 自然免疫制御技術研究組合・研究開発本部長で、SIP「ホメオスタシス多視点評価システム」研究実施責任者の稲川裕之氏は、LSP(リポポリサッカライド)の経口投与によるアルツハイマー病予防効果などについて講演。アルツハイマー病患者は日本が最も多いとの報告に触れ、LSPの経口投与で、「マイクログリア細胞」による異物貪食が促進できれば、認知症予防食品も期待できるとした。




詳しくは健康産業新聞第1665号(2019.4.3)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る