2019年3月18日
米ナチュラルプロダクツ 「CBD」席巻、出展数3倍に

 米国最大規模の自然・健康食品展「ナチュラル・プロダクツ・エキスポ ウエスト」が3月6日~9日の4日間、カリフォルニア州アナハイムで開催され、国内外から3,580社が出展した。「CBD(カンナビジオール)」の出展社数が前年の3倍に増加し、各企業の提案がさらに活発化。約8万8,000人が来場したとみられる。
 
 素材・サプリゾーンでは、プロバイオティクスやプロテインなどが目立った。プロテイン関連は、将来のタンパク質危機を見据えた「昆虫食」の提案も。昆虫パウダー配合「クリケットバー」の展示ブースでは、来場者が熱心に質問する様子が見られるなど、関心の高さがうかがわれた。

 ストレス軽減や快眠サポートを訴求する提案も多く、スポーツ用途などで市場が急成長している「CBD」関連の出展社数は140社超。前年の47社から3倍に激増した。オイルやグミ、サプリメント、バーム、ハーブティーなど、「CBD」を配合した多様な剤型の商品が披露された。

 今回注目が集まったテーマは、低炭水化物かつ高脂肪の「ケトジェニック食」。良質な脂質を多く含む「グラスフェッドギー」「MCTオイル」を配合した各種製品が展示されていた。つづく



詳しくは健康産業速報第2313号(2019.3.12)で
健康産業速報の定期購読申込はこちら 

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る