2019年2月27日
宮崎県、機能性等「見える化」事業

 宮崎県は2019年度当初予算案で、「宮崎農水産物おいしさ・機能性見える化事業」として8,500万円を盛り込んだ。

 県内研究機関が構築した評価技術を活用。農水産物の機能性やおいしさを見える化するとともに、これらを原料とした加工品を開発する。

 「機能性等解析促進事業」では、県産農水産物に含まれる機能性成分の効果解明、含有量測定技術の開発を実施する。「機能性食品臨床研究事業」では、大学医学部と連携し、機能性成分の効果検証に向けた臨床試験に取り組む。




詳しくは健康産業速報第2308号(2019.2.22)で

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る