2019年2月22日
特集【中国地方(山陽・山陰)】 健康寿命延伸テーマに新施策も推進

 中国地方は、関西、四国、九州への交通の便がよい地理的条件や、豊かな気候風土、文化などの地域資源が特色となっている。古くから漁業や農業が盛んで、稲作、畜産、野菜、果樹などの生産活動が広く行われている地域でもある。

 ハトムギやクワ、カワラケツメイなどは健康茶としても利用されてきた。一方、日本海や瀬戸内海の2つの海域に面しており、カキの国内水揚げ量は広島、岡山、山口、鳥取の4県で全国の約7割。カニの水揚げ量では鳥取県の境港が日本一を誇ることで知られる。

 中国地方には、健康食品や化粧品関連の企業が多く所在。通販関連企業としては八幡物産、山田養蜂場、万田発酵が代表的な事業者として知られる。ほかに全国に流通網を構築するあじかんなども。受託製造では備前化成や、ファイナール、機能性食品開発研究所、ゼンヤクノー、飲料受託専業のミリアグループなどが所在。原料素材メーカーでは、カツオ由来エラスチンペプチドを手掛ける林兼産業のほか、トレハロースやヘスペリジンなどを供給する林原、1938年創業の老舗メーカー丸善製薬、グルコサミンやキチン・キトサンを製造販売する甲陽ケミカル、納豆由来素材を手掛けるナビオなどが挙げられる。

 地元の大学や研究機関と民間企業の連携も特徴的だ。広島大の研究による『L8020乳酸菌』を事業化するキャンパスメディコ、鳥取大学発のベンチャーであるマリンナノファイバーもカニの廃殻に着目し開発した素材「キチンナノファイバー」を活用した化粧品や健食向けの高付加価値なアプリケーション開発を展開している。つづく




詳しくは健康産業新聞第1662号(2019.2.20)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る