2019年2月6日
2018年DgS健食販売額、2,200億円に

 経済産業省は1月30日に「商業動態統計速報」を発表、ドラッグストア(DgS)1万5,825店舗における2018年の健康食品販売額は過去最高の2,204億円(前年比6.6%増)となったと公表。店舗数の増加に加え、インバウンド需要が全体の底上げにつながった。

 訪日中国人観光客をはじめとした“爆買い”は落ち着いた感はあるものの、目薬や風邪薬、化粧品、ダイエット食品など売れ行き好調な商品も目立つ。売り場では、中国人の利用促進を目的にモバイル決済サービスの強化を図る動きも。

 日本政府観光局によると、昨年の訪日外国人観光客は、前年比8.7%増の3,119万2,000人で、1,000万人を超えた2013年から5年で3倍以上に増加している。



詳しくは健康産業新聞第1661号(2019.2.6)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る