2019年2月5日
宅配食、課題はコスト 配送費など問題に

 厚生労働省健康局健康課栄養指導室室長補佐の塩澤信良氏は、1月23日のメディケアフーズ展セミナーで「地域包括ケアシステムの構築に向けて配食事業者に期待される役割」と題し講演。2017年の国民健康・栄養調査で、高齢者の健康・生活習慣の実態把握を初めて重点テーマとして実施したことを紹介。65歳以上の低栄養は、男性が12.5%、女性が19.6%だったことを説明した。

 続いて、日本栄養支援配食事業協議会会長でヘルシーネットワーク代表取締役の黒田賢氏が講演し、宅配食の課題として、コストの問題があることに言及。ワンコイン(500円)が望ましいものの、人件費40%、配送費33%などを除くと、食材費は20%で、「100円で作らなければならない」ことを指摘した。



詳しくは健康産業速報第2300号(2019.1.25)で

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
宿泊プランのご案内
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る