2019年2月4日
慶応大等、免疫細胞を活性化させる腸内細菌発見

 慶応義塾大学医学部の本田賢也教授を中心とする共同研究グループは1月24日、健常者の便中から、「CD8T細胞」と呼ばれる免疫細胞を活性化させる11種類の腸内細菌を同定・単離したと発表した。

 これらの菌株をマウスに投与したところ、病原性細菌に対する感染抵抗性や、抗がん免疫応答が強まることが明らかになったという。研究成果は同日、『Nature』オンライン版に掲載された。





詳しくは健康産業速報第2300号(2019.1.25)で

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
宿泊プランのご案内
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る