2019年1月28日
全健協、100年先見据えた取り組みの年に

 全日本健康自然食品協会は1月16日、都内で賀詞交歓会を開催、杢谷正樹理事長は、「人口減少や消費者ニーズの変化など、世の中は大きく変化している。どのように自然健康食品を広めていくかを真剣に考えていきたい」と述べ、50年・100年先を見据えた取り組みの年にしたいと話した。

 来賓挨拶を行った日健栄協事務局長の青山充氏は、「健康食品は昭和・平成の時代に急成長を遂げた」とした上で、「新しい時代は成熟した業界になっていく」との見解を示した。また機能性表示食品制度に言及、「評価方法がなじみにくく、使い勝手の良い制度とは思えない。全健協とも協力しながら前向きに取り組んでいきたい」と協力を求めた。





詳しくは健康産業速報第2298号(2019.1.18)で

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る