2018年12月28日
東農大の研究会、食の安全でシンポジウム

 第1回東京農業大学総合研究所研究会・食の安全と安心部会キックオフシンポジウムが1月11日に開催される。テーマは「食のリスクマネージメントの国際整合性を見据えた食品衛生法の改正~HACCP制度化とその実際」。

 厚生労働省担当官が食品衛生法の改正について講演する。また、東京農業大学応用生物科学部農芸化学科教授の五十君靜信氏が、HACCP制度化の経緯とその動向を解説する。このほか、「イオングループにおけるHACCP制度化への対応について」(イオンリテール・お客様サービス部長・安達智久氏)などの講演が行われる。

 会場は東京農業大学世田谷キャンパス百周年記念講堂(東京都世田谷区)。時間は13時~17時。参加費無料。問合せは TEL.03-5477-2565まで。



詳しくは健康産業速報第2291号(2018.12.18)で

出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る