2018年12月21日
人気商品カテゴリー、「美容・美肌」が首位確保

 健食受託製造企業への調査で、加工・製造などの受注件数が伸びている商品カテゴリーは、今回も「美容・美肌」が46票でトップ。「ダイエット」が30票で続き、3位は僅差で「スポーツニュートリション」と、上位は前年と同様だった。4位は「メタボ対策」と「滋養強壮・強精強壮」(13票)が、6位は「免疫」「快眠・リラックス」「栄養成分補給」(12票)となった。

 前年4位の「ロコモ対策」(関節・骨・筋肉)は9位(11票)と大きく順位を落とし、「脳機能」や「血流・冷え対策」は安定して中位にランクインするようになった。

 引き続き女性向けサプリメントが好調ぶりを示しているほか、2019年のラグビーW杯や2020年の東京五輪・パラリンピックを前に盛り上がるスポーツサプリ分野の動きが活発になっていることがうかがえる。スポーツに関しては世界的スポーツイベントの開催だけでなく、国民の健康志向の高まりからスポーツ人口が増えている点などが理由としてあげられる。



詳しくは健康産業新聞第1658号(2018.12.19)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

来場事前登録はこちら
出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
宿泊プランのご案内
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る