2018年12月20日
機能性表示、GABA急伸 難デキを猛追

 2018年度上半期の機能性表示食品の受理数は219品で、前年同期の247品には届かないものの、16年度上半期の220品とほぼ同数になったことが、健康産業新聞の集計で明らかとなった。

 この間、トレンドにも変化が見られ、機能性関与成分ではGABAが伸び、トップの難消化性デキストリンを猛追している。今年度上半期で最も多かった機能性表示は「脂肪系」だった。つづく。




詳しくは健康産業新聞第1658号(2018.12.19)で
健康産業新聞の定期購読申込はこちら

来場事前登録はこちら
出展資料請求はこちら
ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について
出展社専用ページへ
宿泊プランのご案内
同時開催展
原料調達・OEM検討も同会場で行うことができます。
Food Design Expo
PR
第10回中国国際健康食品展示会 アジアの自然・栄養健康食品展2019
IHE China
ページトップへ戻る